40代、50代OK!アラフィフ女性の副業で人気なカフェに採用されるコツと実態をまとめました

カフェでのパートやアルバイト募集は年中わりと需要があるサービス業の1つです。

ただ50代、アラフィフでも雇ってくれるのか?ということになると、ちょっとだけ企業側の考えも視野に入れて求人に成功する必要があります。

やはり接客業なので、大手のチェーンカフェ、スターバックスやドトール、サンンマルクカフェに行くと、大学生、20代、30代前半のイケメン男子やおしゃれな女の子が多いじゃないですか?

そんな若い世代と比べ、50代の人でも雇おうと思わせるにはいくつかの重要ポイントがあります。

それでも身内の転職サービスの意見や企業側の意見を取り入れながら採用されるための戦略ポイントをお伝えしていきます。

目次

人気カフェのバイト代、気になる時給はいくら?

カフェでの時給は地域やカフェの規模によっても多少異なってきますが、チェーン店で全国的に展開しているスターバックス、ドトール、シャノワール他、有名なカフェの平均時給が発表されていました。

タウンワークのリサーチデータを参照すると、次のように地域ごとに平均時給が異なることが分かってきました。

  • 東京と関東地方、1時間1050円前後スタート
  • 関西地方(大阪府と京都府)1050円前後
  • 関西地方(大阪府と京都府以外)950円前後
  • 東京・関東地方・関西地方を除いた地域、950円前後
https://townwork.net/jobCategory/jc_001/jmc_00115/jikyuu/
https://townwork.net/jobCategory/jc_001/jmc_00115/jikyuu/

40代、50代、アラフィフ以上の主婦でもカフェで採用される実体験例

人気のカフェのバイトですが、大手のチェーン店、ドトールやシャノワール系列、コーヒー代は500円前後と高いがネットを使えて作業できる場所が広いカフェほど、働き手のターゲットは高校生~20代、30代と設定されているため、そのようなカフェではたとえ年齢不問の応募OKとなっていても、落とされやすいです。

年齢不問の求人情報は、年齢を公に記載し募集することが法律で禁じられているために書かないだけで、派遣元や雇用先に電話すると年齢で断れることがよくあります。

ただ、比較的学生が働いていない時間帯、大学や試験中の期間等を狙って面接をうけると人手がいなく、シフトが埋まりにくい状態のため受かりやすいこともあります。

この採用されやすい時間帯、時期をちょっといっしょに確認してみましょう。

50代以上でもカフェでアルバイト、パートしている人がいる求人を探してみた

40代、50代、シニアスタッフも積極的に求人募集していて、実際に働いている人のカフェの体験談を探してみました。

探すと結構でてきます。東京から地方各地まで、結構40代、50代、アラフィフ以上でカフェで副業している主婦の方たちがいらっしゃいました。

40代、50代必見!CAFE de CRIE カフェ・ド・クリエではシニアスタッフを積極的に採用中!

CAFE de CRIE カフェ・ド・クリエは全国チェーン展開している大手のカフェ業者です。

バイトルのホームページにアルバイト情報としてカフェドクリエさんの求人情報が特集されているのをみつけました。

ここでは自社ホームページで全国の地域を絞り、40代、50代シニアスタッフを積極的に採用していることがわかります。

https://www.baitoru.com/op22147/

カフェ・ド・クリエの求人ホームページから働きたい地域をクリックすると、

https://www.baitoru.com/op22147/

次のように詳細画面がでてくるので設定してピンポイントで探すことができます

https://www.baitoru.com/op22147/alist/kanto_tokyo-kanagawa-chiba-saitama-ibaraki-tochigi-gumma_23kuigai/

新宿ガーデンタワーで働いている人たちの平均年齢は20代~40代と幅広い年代の人、特に女性が働いていることがわかりました。

他にもほとん平均20代~40代の女性が多く働いているチェーン店カフェだということがわかります。

アラフィフ以上、40代、50代も元気に働いているサンマルクカフェの評判

サンマルクカフェでは実際にバイト、パートしている従業員の声をリアルに載せている特集をみつけました。

地域に関わらず、40代、50代以上シニアスタッフを積極的に雇っているカフェということに気づきました。

https://baito-check.to-b.jp/brands/100137/review?page=3&cate=0
https://baito-check.to-b.jp/brands/100137/review?page=3&cate=0
https://baito-check.to-b.jp/brands/100137/review?page=3&cate=0

例えば富山県や愛媛県の40代、50代の主婦の方はサンマルクカフェでパートの採用時のことや、業務内容等、シフトについても口コミをしているところをみると、求人情報とマッチすれば年齢にかかわらずカフェや飲食サービス業が未経験でもバイトはできることがわかります。

カフェ運営側からみた40代以上、アラフィフを店員として雇う条件

もしカフェでバイト、パートさんの大半が学生や20代、30代のカフェの場合、40代、50代以上で働く条件には合わないです。

逆に次のような点で40代、50代のパートスタッフさんが常時シフトにいてくれると助かっているカフェも多くあります。

  • 試験時期の学生のシフトにすぐに入れる
  • 急なお休みの代わりにシフトに入れる
  • 時間帯によっては、お客様が年配者、高齢者、主婦の方が多い時間のあるカフェ

40代、50代の主婦やOLさんをカフェで雇うお店側のメリットとして、学生バイト、フリーターと違って自己都合の急な休みや、試験・就職活動・長期休暇のため不安定なシフトを埋めることができるため、お店側としてもまったくシニアスタッフを雇わないということは稀になります。

最近は履歴書不要でネット面接もあるため、近くのカフェのホームページで直接求人募集していないかどうか?

常に情報を探してみるといいです。

40代以上、アラフィフ以上、シニアスタッフとして採用されるための面接対策

40代以上、アラフィフ以上、シニアスタッフとして採用されるために特にやることはなく、普段のマナーや言葉使いがそのまま面接で活かされることで好印象を得ることができます。

ただいくつか質問されやすい事柄について、学生や若い20代のスタッフさんのように同じ事柄を伝えていては、感じのいい人だけど特徴のない人という印象ももたれがちです。

そのため今回はあなたを雇いたい、と思わせる面接テクニックがいくつかあるので、それを重点的にお伝えします。

バイトの面接当日に気を付けたいこと

面接当日に気を付けたいことをいくつかご紹介します。

服装や身だしなみについて

カフェや喫茶店は飲食系の仕事なので、清潔感が大切です。きれいめな私服を意識しましょう。襟付きシャツやブラウス、チノパン、短すぎないスカートなどに、汚れのない革靴を用意しましょう。ひと目で派手だと印象づけてしまうネイルやピアス、穴の開いたデニムなどは避けます。

髪型は、前髪が目にかからないスタイル、長い髪の人は後ろにまとめます。髪色はお店によりルールが異なるため、応募前にチェックしておきましょう。化粧はナチュラルメイクが基本です。

カフェバイトの面接で聞かれる質問と答え方

近親者が転職サービスを行っている関係、運営側が欲しい人材をについて伺う機会がよくあるのですが、その経験から得た、経営側が雇いたい人材について面接でよくヒアリングされるポイントは次のようになります。

カフェでの希望シフト、希望日

野党ことになったら面接時と違うことだと雇う意味がありません。

シフトに入れる曜日、日数、勤務時間帯、週にどのくらい働きたいのか?等を具体的に伝えることで面接時にどのくらい他のスタッフとのシフトに対応可能か?を考えることができます。

学生が少ない時間帯や、テスト期間中、早朝や深夜にも対応可能であればその旨を伝えましょう。

年末年始、ゴールデンウィークや夏休みやお盆時期等にも、スタッフさんのシフトとなるべく対応可能であるようにできることを伝えると心象がぐっとあがります。

カフェで働く場合の通勤手段や通勤時間について

カフェまで徒歩、または自転車で行ける距離であるのが理想です。

交通費がかからなく、急なシフト変更の場合にも近所に住んでしるスタッフさんに依頼しやすいからという理由があります。

ただ、バス代や電車代がかかるからといって他の条件がいいスタッフさんをとらない理由も考えにくいので、この質問には的確にこたえることで十分です。

  • ドアドアで約30分、交通手段は電車5分
  • 歩きで15分
  • バスで10分程度

カフェで働ける最初の日はいつになるか?

カフェ経営者側からすると、面接者がいつから働けるか?が気になります。

人が辞めたばかりですぐに来てほしい場合などもあるので、ここは答え方次第で好印象を与えることもできます。

他のスタッフとのシフト調整で最終的には初日を決める場合が多いため、いつでもスタートできるのでしたら、明日からでもすぐに働けるようにしておくことが経営者側が最も望む人材です。

他のスタッフさんとのシフトの兼ね合いもあると思いますので、可能な限り早めに働きたい旨を伝えるといいでしょう。

カフェのバイト歴が未経験の場合でもこうすると採用されやすい!

カフェでバイトしたことがあるにはこしたことないですが、過去の職歴でサービス業、飲食業、コンビニやスーパーのレジ打ち等、接客業の経験があればカフェのアルバイト、パートも十分務まる仕事です。

例えば、

接客業の経験もあり、お客様対応マナーも学んでおりますが、店舗のやり方やスタッフさんに教えていあt抱きながら、よりよいカフェ空間をお客様に喜んでいただきたいと思って仕事をしたいです!

という受け答えであれば、カフェでのバイトが未経験でも採用に関して好印象を持たれやすいです。

まとめ、40代以上OK!アラフィフ女性の副業で人気なカフェに採用されるコツと実態

ここまで40代、50代、アリフィ世代でカフェでパート、アルバイト採用に受かるためのコツをお伝えしてきましたが、最終的には店舗が必要とする時間帯・曜日にすぐに入れるスタッフさんを採用しやすい条件となります。

特に学生や小さな子どもがいる主婦がはいれない時間帯に働けることをアピールすることで採用率も上がります。

普段から基本的なマナーや言葉使いには十分注意し、面接当日にはスーツではなくてもジャケットを羽織り、清潔感に気をつけながら対応していきましょう。

カフェの求人情報がすぐに見つかる有名アルバイトネット情報3選

採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

【アルバイトEX】

ギガバイト

コメント

コメントする

目次
閉じる